本当は言いたくない、感動のサービス

本当は言いたくない、感動のサービス

現在、「サービスというものはあったらいいな」から「探せばある」といわれる時代になりました。それほど、世の中のサービスに対する需要というものが多様化しているのです。
また、サービスを提供する側は今まで提供していたサービスに付加価値をつけ、より上質なサービスを提供し、お客様の満足度を高くなるよう努力しています。サービスは商品ですが、物と違い形に残ることはありません。
そのため、お客様がサービスを受けて満足してもらう、すなわち「お客様の心」にのこるサービスを提供する必要があります。それほど、サービスを提供する側はお客様に記憶され、「またサービスを受けたい」と思っていただけることに注力しているということです。

toppageimage1

News